低音性能大幅アップ!?バスレフ化したYAMAHA『NS-1000M』を店頭で発見!

1974年に発売され、生産が完了する1997年までの23年間にわたり、20万以上もの台数を販売したYAMAHAのロングセラースピーカー『NS-1000M』。スウェーデンやフィンランドの国営放送局内でも1970年代にモニタースピーカーとして採用されるなど、プロ用モニターとしても確固たる地位を築き上げた同機ですが、北海道札幌市の「ハードオフ札幌中の島店」には通常仕様とは少し異なる興味深い個体を発見しました。

同機種の本来のスペックは、3ウェイ3スピーカーのシステムで、キャビネットにはバスレフポートを持たない密閉型のスピーカーとなりますが、今回店頭で見つけた個体は背面のネットワーク部に「バスレフポート」を増築したバスレフ型化されたもの。バスレフ型は密閉型とは異なり、キャビネットの前面、もしくは背面に主に筒状の穴が開いているスピーカーの種類を指すもので、小型のスピーカーでも量感のある低音が実現できるなどのメリットがあります。

このカスタマイズ方法はオーディオ評論家であり、生前に自作スピーカーや既存スピーカーのカスタマイズに関する著書を多数執筆した長岡 鉄男氏が提唱したもので、そのカスタマイズ手段としては、背面のネットワークの間に板を挟み込みネットワーク部を物理的に浮かせ、そこに出来た隙間から低音を逃がすことでバスレフの役目を果たすといった構造。サイズの合う板があれば比較的容易に行うことが出来る為、長岡氏のマニュアルを基に低音を増強するために挑戦したオーディオ好きの方もかつては多かったのではないでしょうか。

今回店頭で見つけた個体は、目立たない背面部ながらも増設部分の板はしっかりと同色に塗装されているなど、前オーナー様の拘りも感じられる一品となっております。本来の音からどのように低音のニュアンスが変化しているのか、とても興味深い個体ですね!店頭にお立ち寄りの際には、是非一度目にしてみてはいかがでしょうか♪

当センターでは幅広く商品を取り扱っております!お売り頂けるものがございましたらお気軽にお問い合わせください。