【楽器】

【楽器】
YAMAHA日本製クラシックギター『GC-30』買取致しました

ギターのみならず、ピアノや管楽器、ドラムなど様々な楽器を手掛けている日本の老舗楽器メーカーYAMAHAですが、同社が1970年代に発売した日本製のハンドメイドクラシックギター「GC-30」を買取致しました。

続きを読む
【楽器】
手放したカスタムギターと偶然の再会を果たした米インディーズバンドの話

かつてカスタマイズして使用していたものを手放し、その後初めて訪れたお店で偶然にも同じものに再会するという出来事は、ハードオフなどのリユースショップ巡りをしていると稀に起こり得ることと言えるのではないでしょうか。

続きを読む
【楽器】
ハドフでもコントローラー取扱あります!人気DJアプリ「djay」Apple Music対応

沢山のレコードや音源のライブラリから時に臨機応変にそれらを入れ替えて音楽をミックスし、フロアを沸かすDJ。そんなDJの引き出しであり要とも言える「音源の数」ですが、モバイルデバイス向けの人気DJアプリ「Djay」がApple Musicのストリーミングプレイに対応しました。

続きを読む
【楽器】
ギタリスト必見!稀少なギター用「エフェクター」5選

比較的安価な価格から手を出す事が出来るギター周辺機器の一つですが、中古市場では驚くほどに高額な金額で取引されている激レアなエフェクターがあるのをご存じでしょうか。本稿ではそのような知る人ぞ知る高額エフェクターを5選お届けします。

続きを読む
【楽器】
時代を変えたデジタルシンセの名機!YAMAHA『DX7』が入荷しました

時代を切り開いた革新的な製品として先日にはポータブルCDプレーヤーのSONY『D-50』をご紹介しましたが、シンセサイザー界においてアナログからデジタルへの転換点となったデジタルシンセサイザーの名機YAMAHA『DX7』が新規入荷しました。

続きを読む
【楽器】
銀ネジは日本製の証!付加価値の付いているBOSSコンパクトエフェクターまとめ

ハードオフの店舗でも人気の高いこれらのボスコンですが、同一モデルであっても生産された時期で中古市場価格が変動するのも特色の一つと言えます。本稿では個体によって市場価格が変動するBOSSコンパクトエフェクターの一覧をお届けします。

続きを読む
【楽器】
「キング・オブ・フラットトップ」の異名を持つGibson『J-200』(70年代製)を札幌の店舗で発見!

日本新3大夜景にも選ばれる藻岩山も背後にそびえたつ北海道札幌市の南区にあるハードオフ札幌川沿店にて、Gibsonが誇るアコースティックギターの最高峰モデル『J-200』が新規入荷していました

続きを読む
【楽器】
青と黄色は魅惑の色…!ハドフカラーのギター製品をあつめてみた

青と黄色…人はそのカラーリングに何を思い浮かべるでしょうか。英国王室のロイヤルブルー、北欧スウェーデンの家具メーカー、ヨーロッパのウクライナ、ポイントカード等など…世の中には黄色と青のカラーリングは数多くありますが、本稿をお読みになっている方はきっと「ハードオフ」が思い浮かんでいるのではないでしょうか…!世の中にハードオフカラーのギターアイテムは果たしてどのくらいあるのでしょうか、調べてみました。

続きを読む
【楽器】
和製メサ・ブギーなヴィンテージアンプ『Jugg Box Stuff 060G-AL』を買取致しました

ギターやアンプ/アクセサリーなど、楽器の買取も行っている当出張買取センターですが、今年5月には、日本ハモンド社が1976年に発売したレアなヴィンテージアンプ『Jugg Box Stuff 060G-AL』を買取いたしました。こちらは米国のギター/ベースアンプブランドMesa/Boogieが販売した真空管アンプMarkシリーズの『Mark I』(1972年発売)に影響を受けて制作されたアンプで、当時のカタログにはこのような謳い文句で宣伝が行われていました。

続きを読む
【楽器】
Marshallアンプ第一号機『JTM45』モチーフのレア機『JTM-1 OFFSET』が札幌中の島店に!

ロンドンの楽器小売店を営むJIM MARSHALL氏が、地元のギタリストの声にこたえる形でプロトタイプの試作がスタートし、同社のギターアンプ第一号機として1962年に生み出された『JTM 45』。創設者のJIM MARSHALLとその息子TERRYの頭文字を冠した同社の記念碑的なアンプですが、ハードオフ札幌中の島店にその「オフセット」モデルをモチーフとするギターアンプ『JTM-1 OFFSET』が在庫として並んでおりました。

続きを読む